日本脱カルト協会 公開講座

お元気様です!!もっちーです。
今回はかなり前のことなんですが「CARP」に反対している人たちの公開講座が
6月24日にキャンパスプラザ京都というところで行われたのでその報告をします!


…っえ?CARPって反対されているの??って?

そうなんです(-_-;)一部の人からはかなり激しく反対されているんです(:_;)

CARPはどいうふうに反対されてるかと言えば、「カルト」視されています。

皆さんは「カルト」って聞いたらどんなことを思い浮かべますか??
怪しそうな団体…よくわからないけど変な団体って感じですかね(?_?)

「カルト」って聞いたら社会的にみとめられていない危ない団体や社会悪って感じかも
しれませんが本来はそんなマイナス的な言葉としては使われていません。


もともとは、宗教社会学という学問の中の定義で、「制度や組織としての境界が緩やかな組織」、
「周りの文化とその集団の世界観や信仰観が極めて断絶している組織」を意味する言葉なんです。

それなのに「カルト」=社会悪=CARPみたいに言われているんです(T_T)
なぜー??私たち社会貢献できる人になりたい、と頑張っているのに、
一方的に「社会悪」と決めつけられてすごく悲しいです。。。(T_T)



そんな中、反対している方々が開いた講座がこちら。


「カルト問題からみた大学の役割-対策から教育へ-」

20110626124607424-thumbnail2.jpg



代表理事挨拶
●西田公昭(立正大学)
基調講演
●松岡洋一(岡山大学) 「学生支援とカルト対策について」
●南山泰道(日蓮宗僧侶) 「高等教育からの取り組みについて」
●高山正治(倉敷めぐみキリスト教会) 「宗教者と大学の連携」
●鈴木次郎(JSCPR理事) 「カルト被害者の親として」
●太刀掛俊之(大阪大学) 「学生支援ステーションの取り組み」
●寸劇 福岡晶子(JSCPR)/瓜生崇(大阪大学) 「カルト側の立場から見た大学」
質疑応答・ディスカッション


って感じの内容でした。私も勉強をかねて行ってきましたっ( ..)φ

感想としては…
講演のなかで、カルトの代表例として統一教会、カープがあげられていました。
カープのことを、もう根本的に「悪」って決めつけていて
自分たちのこと全否定されてるみたいで悲しさと怒りが湧きました。
カルトの定義間違ってるしあいまいだし。(`´)
どうしてそこまでCARPをカルトと言って批判し、大学でも支援だといって
講座を開いたり、、、正直やりすぎだと感じます。
私たちは社会悪って呼ばれるほどヒドイことしてるんかな??
よく知ってほしいなと思いますし、見せていかないとだなと。



これからブログにもカルトのこととか載せていきたいと思っています。
まだまだ勉強中なんですが頑張ります!!!


公開講座のこととか私途中ぬけだったりして、もっと詳しく書いてる大学の
ブログのせときます!詳しく知りたい方はどうぞ~

京大CARP
神戸大CARP
岡山大CARP

などなど(゜o゜)クリッククリック♪ぜひ行ってみてくださーい☆

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
      
カテゴリ
プロフィール

アシカガ

Author:アシカガ
☆地域や社会に、
愛のうるおい☆

一人一人の個性を伸ばし合うことにワクワクしながら日々挑戦する……関大CARPのブログへようこそ☆
(関西CARPマスコットキャラクター:オールくん)

ブログランキングに参加しています!
応援よろしくです!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク