スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前期最後のP☆N☆S!

min-ga-la-ba!.gif

Filyです。

最初の謎の文字列は、ひらがなで書くと
「ミンガラーバー」
という感じの音になり、私の専攻するビルマ語で
「こんにちは」「さようなら」
などを意味します。

ちなみに、朝昼晩の出会いと別れの挨拶に使えます。

先生が教室から帰っていくときも「ミンガラーバー」、
それに返答する私たち生徒も「ミンガラーバー」。

便利ですね。









はい





というわけでいきなりですが



PNSやりました!!!!!


※PNSは、"Project of National Salvation"(プロジェクト「救国」)の略です☆





PNSのMISSIONをもう一度確認しておくと、




「様々な問題の原因を突き止め、
世界家族主義をもって
日本と世界を救います!」





です!!!

今回のテーマは「憲法9条と自衛隊」です。

昨今の国防、国際情勢から始まり、日本を守る自衛隊について掘り下げていきました。



少し長いですが、日本の将来にとって重要な内容なので、何とか要約して紹介いたします。





まず、昨今のアジアを取り巻く脅威ということで、中国の南沙諸島進出について取り上げました。

みなさん、ファイアリークロス礁ってご存知ですか?

これは南沙諸島の中にある環礁です。

環礁というのは、サンゴ礁の発達形態の一つです。

これを埋め立て、中国が軍事施設を建設したんですね。


↓Before
ファイアリークロス 以前


美しいサンゴ礁ですね。


↓After
ファイアリークロス 軍事施設


美しい施設ですね。
…ん?(。ヘ°)

この、白く映っているものは全て中国の建造物です。

約3000メートルの滑走路、2つのヘリポートや、

10基の衛星アンテナ、レーダー塔と見られる施設があります。

実は、南沙諸島の7ヶ所において、

中国による大規模な埋め立て及びインフラ整備が行われています。

あまり知られていませんが、中国がこれらの島嶼に進出した際、

ベトナムと2回の戦闘が発生しました。

2回ともベトナム側は撤退、艦艇1隻以上が沈没させられ、

100名以上の死傷者を出しています。




それって…


大変かもしんないけど…


ぶっちゃけ


日本には関係あるのかな???





と考えているそこのアナタ!!!!
m9っ`・ω・´)
バーン
考えてなかったらごめんなさい(笑)



百万が一、日本にあまり関係がなくても放置できませんが、

実は関係大アリなんです。


下の地図をご覧ください。

シーレーン 2
http://blog.goo.ne.jp/yuujii_1946/e/4990fc7c33f182adc6e2e88b981813aaより
アラビア湾辺りから日本まで続いている線…

これはシーレーンです。

日本においては特に重要な、石油輸入時の輸送ルートでもあります。

南シナ海、南沙諸島を完全に通過しています。

日本がここを通りたいと思ったとき、

中国が何の利権も主張しないというのは

果たしてありえるでしょうか?


ということです。

「国家の主権」という言葉を盾に、

様々な理不尽な要求を突き付けてくるに違いないと私は踏んでおります。

生活の維持に重要なルートを中国に半ば握られているようなもの…

と考えると、これは日本にとっても危機的状況になってくるでしょう。

アジアには、明確に中国の脅威が迫っているということです。





そして次にはいよいよ、日本を守ってくださっている

自衛隊にまつわるお話です。



一.憲法9条と自衛権について、

二.自衛隊の強さ(装備など)について、

三.法律によって行動が極めて制限されている自衛隊についてです。


話が少し複雑でしたので、

できる限り総体的にお話しします。



一.自衛権については、

その根拠が憲法ではなく国連憲章にあること、

憲法第9条

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


の2の解釈は、
「『戦争するための戦力』は持たないが
『自衛権』は持っている」


という解釈であること、

実際、過去に砂川裁判において、

憲法九条は日本が主権国として持つ固有の自衛権を否定していない。
同条が禁止とする戦力とは日本国が指揮・管理できる戦力であるから外国の軍隊は戦力にあたらない。



という判決によって

端的に言うと、日本に自衛権はあるとされたこと

が挙げられました。





そして、自衛隊は強いのか?



二.自衛隊の強さ(装備など)
について。


まずはその任務、やることから。

自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。(自衛隊法 三条)



具体的な役割をまとめると、

①国の防衛

②災害派遣

③国際協力

です。

各隊の紹介もされました。

陸自 ジョブ海自 ジョブ空自 ジョブ


http://kyuryobank.com/より

か、カッコいい…(〇o〇;)



ここで一つ、抱かれがちなイメージ。

「自衛隊って、『国を守るため』というのを方便にして

簡単に武力行使できちゃうんじゃないの???」

皆さんもそう思っていませんか??



これに対する答えとしては、

お前が思うより100倍キツイ
http://www.mod.go.jp/pco/okayama/comic/jieinop03.htmlより

な、なにー!?(((;゚ρ゚)))アワワワワ

です(*ノωノ)キャー言っちゃった




その理由としては、

①その能力上の理由
②法的理由

があげられました。



①その能力上の理由
については、

「戦力投射能力(=他国に侵攻する攻撃能力)」が備わっていない

のです!

戦力投射能力として国際常識上分類される兵器があるのですが、
(原子力空母、強襲揚陸艦、ICBM、戦略大型輸送機etc…)

これらのうち、自衛隊が所持しているのはイージス艦のみ

そもそも攻め込めるまでの装備ではないのですね。

裏を返せば、攻められたときに効果的な反撃ができません。

即ち、米軍がいなければ、

もし侵攻を受けた時には、残念ながら敗北は時間の問題

でしょう。

要は、侵攻国がどれだけ日本にミサイルを撃ち込んだとしても、
侵攻国側にミサイルは飛んでこないわけです。



②法的理由
としては、具体例で行動の制限が示されました。

その一部を挙げると、




緊急事態!本土に敵艦が攻めてきた!

こんなとき、陸上自衛隊が現場に急行するでしょう。

なんとこのとき、信号無視できないんですね。赤だったら止まります。

…え?(笑)

無視するには警察の先導がいるそうです。

緊急事態とは思えない平和さだと感じます。




また、領空に国籍不明機が侵入したときはどうでしょう?

この機は、強力なミサイルを搭載している模様です。

そのとき、航空自衛隊は…?


何と、

司令官が「武器使用命令」を出していなければ、攻撃できません。



え?まあ妥当じゃないの?



なんて一瞬思ったそこのアナタ!!!!!
m9(`・ω・´)っドーン



…絵文字とは裏腹に、

実はこの状況、命がけなのです。

パイロットの方は具体的に死ぬかもしれない。

先日、ミサイルを搭載した機は実際に領空に侵入してきました。
これは中国軍機でした。

その際、中国軍機は攻撃動作を取ったということです。
空中戦が発生するかもしれないという事態です。

ここで反撃ができないということは、
パイロットの命の危機は倍増するわけです。日本も危ない。

また、どういう形であれもし反撃すれば国際問題になるのですね。
と言うより、中国が一方的に問題にしてくるのは目に見えているでしょう。

これは恐るべき事態です。

ものすごく有り体な言い方をすれば、
「やるかやられるか」ですらなく、

「やられるしかない」(もしくは今回のように、その場は逃げる)の状態でしょう。

パイロットの命が危機にさらされました。
いざというとき、自分の身も守れないのです。



私が思うところとしては、

国を守る重責を担おうと日々努力してくださっているのに…
自衛隊の厳しい訓練では、訓練死もあり得ます。

なのに自分の身を守ることも許されない……

これはあまりにも理不尽極まりないと思いませんか?

ということです。それでも責任を果たされる自衛隊の方には頭が上がりません。



更に、↓が明白な危機が迫った時の手続きです。

スクリーンショット (161)
http://jdjapan.blog.fc2.com/blog-entry-12.html#comment32より


長い!!!!!

えっ?「緊急事態」だよ???

と驚きを隠せないFilyです。


そう簡単に動けないんですね。

このままだと、

国を守るという本来の使命を果たすことすら困難になりそうだ…

と考えるのは私だけでしょうか…?



結論としては、

「自衛隊だけでは抑止力にならない」

「日米同盟などの同盟関係を深く持ち、

さらなる防衛力整備が求められる」


でした。





参加者の感想としては、

「早急に憲法改正を行い、
もっと自衛隊が今の環境に対応できるようになるべきだと思う。」

「今のままでは危ないと思ったので、何とかしていく必要があると感じました。」

などでした。

私も、迫る危機自衛隊の現状が具体的でわかりやすかったと感じます。



記事が長くなってしまいましたが、
最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。

世界の平和に貢献する日本を
ともに作りましょう!

以上、Filyでした。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

第2回PNS開催!! 今回は「選挙」だ!

どうも、皆さん。アシカガです。

久しぶりの投稿ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?
私は絶賛卒論中です。 ヾ(・∀・)ノ ワーイ、ナンテコッタ。


……いやまあ、大学生ですから避けられない“宿命”なんですけどね?

けっこう苦戦していたりします。はい。

過去の先輩方もこれで苦労してきたんだろうな……(遠い目)
と、昨年あたりを懐かしんでみる今日この頃。


これだけ大変だったら、もっと当時の先輩に気を遣ってあげればよかったなと
自分の幼さを感じる毎日です。

やっぱり人の支えって大事ですよね。

CARPでは本当に多くの人から支えてもらったな、と感謝しています。
はたしてその恩をこの一年で返せるだろうか……

人の為に生きることを通して、残りの大学生という特別な期間を、より充実したものにしたいですね。


さてさて、私の近況は置いといて……


実は、この6/29に第二回目のPNSを行いました! キタ━(゚∀゚)━!


※「いや、PNSってなんやねん」と思われる方!
前回の投稿でFilyくんがわかりやすく説明しておりますので
ご覧ください!


ところで皆さん、今年の7月といえば何を浮かべますか?

今年の7月といえば……



……そう!
「参議院議員選挙」です!



私もさっそく期日前投票に行って参りました。(-∀-)フフフ…


そして今回はそれに関連して「選挙」について、学習の場を持ちました!

DSC02134.jpg


DSC02160.jpg



今回の発表は、アシカガが担当させていただきました。
(え、卒論? はて、何のことやらさっぱりですな? スル━━━━(゚д゚;)━━━━!!)



……まあなぜこんな忙しい時に発表させていただいたかというと。

きたる参院選が7/10に迫っている中、どうしてもサークルのメンバーや
学生たちに選挙というものが私たちにどういう意味を持つかを
伝えたかったからです。

最近は政治離れというか、若年層の投票率が少ないと言われています。

たとえば近年の20代の投票率は60代の投票率の三分の一程度なんです。
若者の投票率が低ければ、議員さんたちは投票してくれる人向けの
マニフェストになりがちですよね。

「選挙の事をかんがえたらゲートボール場を作ったらいい。
しかし県の今後のことを考えれば子供たちのためにサッカー場を作った方がいい」

これは昔の某高知県知事の言葉ですが、
「若者への投資をしたいけれど、自分の票を入れてくれる高齢者のために働かないといけない」
というジレンマを正確に言い表していますよね。

そういう現状もありますし、私たちも将来を担う若者だからこそ、
政治や選挙に関心を持たないといけないと私は思うんです。

今回の発表ではそこを強調して訴えていきました!

するとその思いが通じたのか、今回のPNSに参加してくれた方々の感想には
「選挙って大事だな」と声が多数ありました!

特に嬉しかった感想はコレです。

「正直今まで、私は選挙に興味がありませんでした。
しかし今回の内容を聞いて、私たち若者の投票率が高ければ
国は未来を見据えた政策を立ててくれるので、
若者がしっかり選挙に行かないといけないと感じました。
自分の中の政治への関心度が高まったのでいい機会になりました」

いや、本当にありがたい (´ω`人)
最近来てくれるようになった女性の方の感想なんですが、
「本当にやって良かったな」と思わされました。


私たちから情報を発信していくことで、国も世界も良くしていける!
と、自信が与えられた一日でしたね。o(^▽^)o


次回は7/30に行おうと思ってます。
皆さん、お楽しみに!!

以上、アシカガでした!

PNSを開催しました!

こんにちは!

いきなりですが、わたくし、

Fily(フィリーと読んでください)

と申します。

阪大外語に所属しております。阪大CARPのTwitterでも私が色々撒きますので乞うゴキタイ☆|´∀`●)

ところで、私が今回何のブログを書いているかというと…


去る5/28(土)…




関大・阪大CARPと合同で……





なんと…………………!







PNS(Project of National Salvation=プロジェクト"救国")

が開催されましたあぁぁあっ!!!!!( +・`ω・)bキリ

なに!Σ(゜゜)  そうなんだ(*´∀`)♪  よさげ!☆(•ө•)♡
ん?朝?(´-εヾ )   ん~~…(´_ゝ`)………


……それは一体なんぞや?


ふむ、では説明しよう!☆( ー`дー´)☆いやすみませんさせてくださいおねがいしますm(_ _;)m














はい。少し落ち着きますね。

PNSは、元々「定例研」という名前でした。
「定例研究会」の略です。

やることとしては、
前で発表者がPPTを使って何か一つのテーマについて発表、
全体で学びとディスカッションの場を持ちます。


今回名前を変更したのは他でもない、
MISSIONを改めたからです!




そのMISSIONとは、

「様々な問題の原因を突き止め、世界家族主義をもって日本と世界を救います!」

です!!!!!




そして今回の発表テーマは、「憲法について」でした!



現代の諸問題にはそもそも、

全ての法律の根である憲法自体がそれらの問題に対応していない

という現状があります。

SNSや200海里、更に平和安全法制などは当然、憲法起草当時にはなかったものです。
そして、日本国憲法は一度も改正されておりません。

ですので、

上記の問題や変化する国際情勢に対応しきれていない

のです。
そりゃ当たり前だろうと言えば当たり前ではあります。



まずは知るところから!


知らないと、問題解決もなにもあったものではないということで、
憲法の位置づけや起草・発布の経緯などを学び、憲法というものの重要性の理解を深めました。


ちなみにFilyは司会をさせていただきましたっ!(・ω<)☆



↓様子です。
大会議


えぇ…!?規模ハンパないやん…!!??(((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクガク




写真まちがいました☆
しかし将来はこの規模でやりたいですね。




↓が本物です。場所は、「吹田市立豊一市民センター」というところです。

kyo-yu-.jpg

sぃで2

mat-chan-chan.jpg



今回はCARP外からも2人来てくれました!

総じてイラストが多く、非常にわかりやすいスライドでした。


なんか、上から2枚目の写真に某Lさんが写っていますね(σ≧∀≦)σ




みんなの感想としては、

「憲法と法律との関係性、国会と内閣の関連性が分かって、とてもためになった。」

「日本の憲法が日本独自の文化・伝統に基づいて作られていないことをしっかり理解したうえで、
今の国際情勢に対応した憲法を考えることが大切だと思いました。」


「日本を良くしたいと願う同年代の人たちといることで気持ちが高まりました。
…日本を良くしたいと思う気持ちに誇りをもって学んでいきたい」



などなど|  ´ω`|φ
という感じでした。
もっと学ばないと!!という意欲が全体で高まっている印象を受けました。



改善するところも多くあったので、これからどんどん改善・発展させていこうと思います!



次のPNSは、


6/25(土)


に開催します!(☆∀☆)ピカーン

これからもよろしくお願いします。



ありがとうございます、Filyでした。

土瓶プレゼンツ

どもヽ(^o^)丿ドビンです(゜-゜)

関大の定例研はいかがでしょうか(・・?

興味のある方はいつでも誰でも
フラッとのぞきに来てみてください(^◇^)


っと、いうことで~11月18日
今回の定例研のテーマは~











日韓トンネル

\(◎o◎)/日韓トンネルって何!?
というあなた!説明しましょう(^O^)/

簡単に言えば、日本と韓国をつなぐトンネル
日本と韓国がつながれば、人や物の流れができ、
経済効果も期待できるのです\(^o^)/

しかも!もし完成すれば、
世界最長のトンネルとなる大プロジェクト!!



しかし…(^_^;)
そんな大プロジェクトを成功させようと思えば、
莫大な費用がかかるし、本当に経済効果がでるのか
と反対意見を唱える学者もいます。



そこで
なぜ日韓トンネルが必要とされるのかを話し合いたい
ということで、わたくしドビンが関大CARPのメンバーに
プレゼンをさせてもらいました

tc2_search_naver_jp.jpg



今回も白熱した話し合いになると思ったのですが、
日韓トンネルについて知らないメンバーが多数
なので今回は、みんなの質問に答える時間の方が多くなりました

しかし短い時間ではありましたが、
意見が出ましたので、いくつか紹介させてもらいます

「人が行き来できれば、心も近くなる」
「人や物の輸送手段は海以外にもあるので、必要ないのではないか」
「経済効果に期待したい」


等々、賛否両論

最終的には、必要性に対する意見でまとまったので、紹介します。

「(経済効果以上に)人のつながりを増やすことで、心が通い合うはず
過去に起こった出来事で恨み合っている国同士であるからこそ、
韓国と日本の仲が良くなれば、世界平和のモデルとなる


だから、日韓トンネルは必要

と、結論が出ました
(みなさんもいろいろ調べて、意見ください)


今回の定例研を通して、
個人や自分の国の利益だけでなく、
より世界を見つめて行動できる自分になる大切さを感じました。

         

これからも多くのことを学びながら頑張っていきたいと思います

世界情勢

みなさ~んッ!!
11月11日は何の日ですかぁ??


そう!!ポッキーの日\(^0^)/






(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん!






って、なんでやねん!!!!!!!!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/


続きを読む

今日は何の日??

お元気さまです★(*^^)vもっちーです
突然ですが…「今日は何の日??」


今日は11月11日!!…これは…そう!
ポッキー&プリッツの日ですね
しかも今年は2011年11月11日と1ばっか
すごい日ですよね
さあーあなたも私もポッキー\(^o^)/←



さてさて!!ここからが本題。
またまた質問です。「今日は何の日??」


え??さっきも聞いたやん!ポッキー&プリッツの日でしょ!?
違うんです!!!


関大CARPでは今日は!!
「定例研究会」の日なんです
今回の議題「世界情勢」!!
主に2012年問題を中心にマッキーが考えてプレゼンしてくれます。
マッキーとても気合い入れていたので楽しみです



また、どんな様子だったのかブログにあげるのでお楽しみに
皆さんも有意義なポッキーの日をお過ごしください(^_-)-☆

第二回!!定例研究会\(^o^)/

お元気様です\(^o^)/

やってまいりました、10月14日、第二回定例研~~

今回のテーマは

私に出来ること

先週の定例研では、文化共産主義について学び、
教育などを通し、
家庭が崩壊していこうしていることを知りました

でも、家庭の中で学ぶ、関係性や愛はかけがえのないもの(*^_^*)
そこで学ぶものは本当に尊い

だから、家庭を崩壊させるわけにはいかない

じゃあ、私に出来ることとは何なのか??

ということで、「私に出来ること」
をテーマに話し合いました

tc2_search_naver_jp.jpg


今回も様々な意見が飛び交いました

その一例をあげてみると

「政治に興味をもつ」
「自分に合った分野でリーダーになる」
「言葉ではなく、姿勢が大切」
「自分が変われば家庭が変わる、だから自分が変わる」

などなど、白熱した定例研になりました

そして、今回の結論としては、

「実体が必要!!」

何か良いことや正しいことを
言葉で伝えるだけでは意味がない、
それを本当に実感を持って伝えることのできる
私の姿、実体が必要

そして、これからの社会を築いていく、
私たち若者の実体が大切

家庭で愛の関係を築くことの重要性や
為に生きあう重要性などを伝えていけるよう、
日々為に生きる実践を通して愛を成長させていきます


これからも日本や世界の現状を学びながら、
私に出来ることや今すべきことなど、
話し合い、実践していきたいと思います

o0473047310550845791.jpg
頑張るぞ~(^O^)/


第一回!定例研究会~♪

お元気様です
お久しぶりです熱い男ドビンです


10月6日、ついに
関大CARPでも定例研究会が行われました

記念すべき第一回定例研のテーマは、
絶対的なものは必要か?

まずは文化共産主義についてのVTRを見てお勉強( ..)φ

IMG_0134.jpg

文化共産主義とは、

簡単に言えば、ジェンダーフリーや性教育などを通して、
家庭や宗教を崩壊させ、共産主義思想を広めていこうとするもの。


勉強した上で、共産主義が崩壊させようとしている、
家庭の中にある絶対的な関係性や宗教における絶対的な価値観、
善悪
などは必要なのかということで、

絶対的なものは必要か?」というお題で話し合いました(^_^)/


難しいお題ではあるけどみんな真剣\(◎o◎)/!

真剣すぎて写真撮るの忘れました(^_^;)

いろんな意見が出てきましたが、やっぱり
絶対的なものは必要
という意見にまとまりました。

絶対的なものがあるから、
信頼関係も生まれるし、
より良いものを求めて競争するし発展する

実生活においても絶対的な関係性を築いていける私に挑戦していきます\(^o^)/


今回は初めての定例研究会で、何を発言したらいいんだろう(*_*;
というところからの出発でしたが、
これから、もっともっと発展的な定例研究会にしていきたいと思いますヽ(^o^)丿

第二回もお楽しみに(*^_^*)





カウンター
      
カテゴリ
プロフィール

アシカガ

Author:アシカガ
地域や社会に一役買って出る私になりたい!!
一人一人の個性を伸ばし合うことにワクワクしながら日々挑戦する……関大CARPのブログへようこそ☆
(関西CARPマスコットキャラクター:オールくん)

ブログランキングに参加しています!
応援よろしくです!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。